沿革

昭和45年2月 日本電子メモリエ業(株)を東京都港区芝公園に設立(資本金15百万円)
新潟県長岡市悠久町に長岡工場を建設
昭和45年10月 開発部を東京都港区に開設
昭和47年5月 スイッチング電源の標準品「TMシリーズ」の製造販売を開始
昭和48年7月 長岡市摂田屋に工場を建設し、長岡工場を移転
昭和50年10月 米国の電源メーカー、ビーコ・インスツルメンツINC.(現ラムダ・ホールディングズINC.)と
スイッチング電源の長期輸出契約を結ぴ「LJSシリーズ」の輸出開始
昭和53年6月 日本電子メモリエ業(株)の営業を譲受し、 ネミック・ラムダ株式会社を設立
昭和54年7月 本社を東京都品川区東五反田に移転
昭和55年1月 シンガポールにネミック・ラムダ(シンガポール)PTE.LTD.を
ビーコ・インスツルメンツINC.と共同で設立
昭和62年4月 茨城県高萩市に茨城工場を建設(平成10年3月閉鎖)
昭和63年8月 鹿児島県鹿屋市に鹿屋工場を建設(平成14年4月閉鎖)
昭和63年11月 マレーシアにネミック・ラムダ(マレーシア)SDN.BHD.を設立
平成元年8月 韓国ソウル市に韓国支店を開設
平成3年2月 社団法人日本証券業協会に店頭売買銘柄として登録
平成3年6月 イスラエル現地法人のイスラムダ・エレクトロニクスLTD.を買収、
マレーシアにネミック・ラムダ(クワンタン)SDN.BHD.を設立
平成3年7月 イスラエルにネミック・ラムダLTD.を設立
平成5年11月 中国上海市に上海聯美蘭達電子有限公司を設立 (平成9年12月解散)
平成6年1月 香港に香港支店を開設
平成7年3月 東京証券取引所市場第二部に上場
平成7年5月 中国無錫市に無錫聯美蘭達電子有限公司を設立
平成7年6月 新潟証券取引所に上場
平成8年1月 中国電子為華実業発展公司との合弁により 北京聯美為蘭電源技術有限公司を設立
平成8年11月 東京証券取引所市場第一部に上場
平成9年9月 オーストラリア・メルボルン市にネミック・ラムダ(オーストラリア)PTY.LTD.を稼動(平成12年7月閉鎖)
平成11年10月 ネミック・ラムダ株式会社と日本電気精器株式会社が合併し、商号を
デンセイ・ラムダ株式会杜に変更。大阪証券取引所市場第一部に上場
平成13年12月 エヌデック株式会社をNECフィールディング株式会杜に譲渡
平成16年4月 RoHS指令対応・地球環境保全・高効率・超小型化を第5世代コンセプトとし、各種新製品を発表
平成16年10月 事業基盤強化を目的として、マレーシアの生産子会社2社の経営を統合
平成17年10月 インベンシス社からTDK株式会社へ実質的な親会社変更
平成18年1月 ラムダ米国グループとラムダ欧州グループを子会社化
平成20年2月 TDK株式会社との経営統合に向け上場廃止
平成20年3月 TDK株式会社の完全子会社となる
平成20年10月 TDK株式会社パワーシステムズビジネスグループとデンセイ・ラムダ株式会社が統合し、
商号をTDKラムダ株式会社に変更
平成21年4月 長岡テクニカルセンター竣工
平成22年1月 無停電電源事業の富士電機株式会社への事業譲渡
平成22年3月 本社を東京都中央区日本橋に移転
平成25年4月 本社を現在の東京都港区芝浦に移転


↑Page Top