新着情報一覧

電源製品:DINレール取付専用ユニット型電源「DRJシリーズ」開発

  • 高さ寸法75mmに統一
  • 入出力端子は、ブロック端子とヨーロッパ端子(スプリング方式)をラインアップ
電源製品:DINレール取付専用ユニット型電源「DRJシリーズ」開発

2015年6月30日

TDK株式会社 (社長: 上釜 健宏) は、TDK-LambdaブランドのDINレール取付専用ユニット型電源「DRJシリーズ」を開発したことを発表します。15W、30W、50W、100Wの4モデルをラインアップし、お客様の幅広いニーズにお応えします。TDKラムダ株式会社 (社長: 矢代 博行) が7月より受注を始め、8月より量産出荷を開始します。

DRJシリーズは、高さを75mmに統一しDINレール取付時に統一感を持たせ、制御盤内配線ダクト間の省スペース化に貢献します。外観は樹脂ケースを採用し、色はブルー系を基調として制御盤内でのデザイン性を意識しています。

入出力端子にはブロック端子(安全端子)とヨーロッパ端子(スプリング方式)を用意し、多様なご要望にお応えします。ヨーロッパ端子(スプリング方式)はバネ式でトルク管理が不要となるため作業工数の削減になります。また振動によりネジが緩む懸念もなく装置の信頼性向上に寄与します。

なお、本製品は制御回路設計や各種部品の最適化により、当社従来品(DLP100-24-1)と比較し効率が7%改善され、最大90%を実現し、形状も45%小型化しました。効率の向上により、内部発熱が減少したことで動作周囲温度は制御盤内の温度条件にマッチした+55℃まで負荷率100%での使用が可能です。また、負荷率を軽減することで、-20℃~+70℃までの動作を保証しています。

用語集

  • DIN:Deutsche Industrie Normen(ドイツ工業規格)
  • DINレール:制御盤内で使用される制御機器を制御盤内に取り付ける際に一般的に用いられている金属製のレール。制御盤内でよく使用されるレール幅は35mm。

主な用途

  • 工業用自動機器、半導体製造装置、制御機器

主な特長と利点

  • DINレール取付専用ユニット型電源
  • 全モデルの高さ寸法を75mmに統一
  • ブロック端子とヨーロッパ端子(スプリング方式)をラインアップ
  • 高効率:90%(DRJ100-24-1) ※従来品:83%(DLP100-24-1)
  • 小型化:体積45%減(DRJ100-24-1、DLP100-24-1比較時)
  • 広い動作周囲温度:-20℃~+70℃の広い温度範囲で使用可能(-10℃~+55℃まで負荷率100%)
  • 無償保証期間 5年間
  • SEMI-F47規格対応(AC200V入力時)

■ 主な仕様:DRJシリーズ

モデル DRJ15 DRJ30 DRJ50 DRJ100
入力電圧範囲 85~264VAC/120~370VDC
効率(Typ.) 87.0% 90.0% 89.5% 90.0%
出力電圧 24VDC 12/24VDC 12/24VDC 24VDC
出力電力 15W 30W 50W 100W
動作周囲温度 -20℃~+70℃(-10℃~+55℃:100%)
外形 (W x H x D) 21.5 × 75.0 × 90.0 30.0 × 75.0 × 90.0 45.0 × 75.0 × 105.0
安全規格 UL60950-1,CSA60950-1,EN60950-1、UL508
無償保証期間 5年間(条件による)

TDK株式会社について

TDK株式会社(本社:東京)は、各種エレクトロニクス機器において幅広く使われている電子材料の「フェライト」を事業化する目的で1935年に設立されました。
主な製品としては、各種受動部品(製品ブランドとしてはTDK、EPCOS)をはじめ、電源、HDDヘッドやマグネットなどの磁気応用製品、そしてエナジーデバイスやフラッシュメモリ応用デバイス等があります。アジア、ヨーロッパ、北米、南米に設計、製造、販売のネットワークを有し、現在、情報通信機器、コンシューマー製品、自動車、産業電子機器の分野において、電子部品のリーディングカンパニーを目指しビジネスを展開しています。
2015年3月期の売上は約1兆800億円で、従業員総数は全世界で約88,000人です。

主な製品は、コンデンサ(積層セラミックコンデンサ、アルミ電解コンデンサ、フィルムコンデンサ)、インダクタ、フェライトコア、高周波部品、センサ、ピエゾおよび保護部品等です。

TDKラムダ株式会社について

TDKグループのTDKラムダ株式会社は、産業機器向け電源のリーディングカンパニーとして、高信頼の電源をグローバルに幅広く展開しています。日本、中国、ヨーロッパ、アメリカ、アジアの世界5極に研究開発拠点を置き、開発・製造から販売・保守までのフルファンクション体制でお客さまのさまざまなニーズにお応えしていきます。詳細は、http://www.tdk-lambda.co.jp/ja/をご覧下さい。

ダウンロード

報道関係者の問い合わせ先

担当者 所属 電話番号 Email Address
手島 TDK株式会社
広報グループ
+81 3 6852-7102 pr@jp.tdk.com

製品に関するお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-507-039     平日9:00~17:00(土日祝日を除く)

PAGE TOP